世界の贅沢、NILEの贅沢
 PAGE...1|2|3
VERIB【後編】————新たな都市像の創造へ
Photo&Text.Shun Kambe
自動車削減20カ年計画
2007年から始まったパリの貸し自転車システム、ヴェリブの 人口膾炙は、行政を核にした複合的な取り組みが功を成した 感がある。政策発表当時は『絵空事』と揶揄されたドラノエ・パ リ市長の宣言、「2020年までにパリ市内の交通量を40%削減す る」という大見栄も、ヴェリブの順風満帆なスタートでにわか に現実味を帯びてきた。この成功を支える要素で見逃せない のが、官民一体となった運営システムと自転車交通のための 都市インフラ整備である。ヴェリブ自体はパリ市の推進事業 に位置づけられているが、財政に関してはJC Decauxという広 告代理店が所管の第3セクター方式で運営されている。ヴェリ ブ運営のための経費は全額JC Decauxが負担し、見返りとして 市内約1500カ所に優先的に広告看板塔を設置できるという内 容である。このシステムの特徴は税金を全く投入することな く継続的な運営を模索している点であろう。
PAGE...1|2|3
LINK
STYLE
VERIB【前編】————脱・自動車社会への都市実験
>>2009.1.9 update
STYLE
パリの市電【後編】—— 今後の展開
>>2009.1.9 update
STYLE
電気自動車先進国ポルトガルの施策とは?
>>2009.1.30 update
STYLE
街を緑で包む自転車「Bloom」が誕生
>>2009.1.9 update
LIVING
街の景色を変える「駐輪場」
>>2015.8.14 update

PR

WEB-NILEが注目するNEWSやイベント