PAGE...|||
トヨタの参戦表明
文字通りトヨタの技術を結集して開発しているスーパーカーの噂は、前から聞こえていた。F1譲りのカーボン・ボディとV10 エンジンが、このスーパーカーのアイコンとして語られていたのである。その全貌が明らかになったのは2005年のデトロイト自動車ショー。当時、そのアンベール(ベールを脱ぐ儀式)の場にいた私は、このデザインがピニンファリーナ事務所に所属するデザイナーが手がけたと聞いたことがあった。その後、トヨタのデザイナーの手により、レクサスのフラッグシップとして世界に誇れるよう、細部に渡る仕上げが行われていた。折しも、世界のライバルメーカーから次々とスーパーカーが登場し、LF-Aへ の期待は否が応でも高まっていったのである。そして今年のデトロイトショー、ここではオープンカーもデビューした。さらに、スポーツカーにはストーリーが重要であると考えたトヨタは、今年のニュルブルクリンク24時間レースに、LF-Aで参戦すると決断を下した。そのドライバーの一人として選ばれたことは、まさにドライバー冥利に尽きる思いであった。
ニュルブルクリンク24時間レースは1970年に始まり、今年2008年で36回目を迎える耐久レース。今年は世界中から280台がエントリーした。
PAGE...|||
LINK
STYLE
いよいよスーパーカー、パガーニ・ウアイラが 日本初上陸
>>2013.5.27 update
STYLE
蘇るフレンチ・ブルー伝説
>>2019.4.18 update
STYLE
スーパースポーツカー 新時代 Pagani Automobili
>>2013.8.22 update
STYLE
圧倒するパワーと美の融合
>>2020.7.2 update
STYLE
名門F1チームマクラーレンが生んだ新世代のスポーツカー
>>2011.10.20 update

記事カテゴリー