PAGE...|
この度、日本に初上陸することになったイタリアのスーパーカー、パガーニ・ウアイラ。カーボンチタンのモノコック、クロームモリブデンのサブフレーム、ゴールド
カラーの鍛造アルミニウムアームなど、高価なマテリアルを惜しみなく使っている。
いよいよスーパーカー、パガーニ・ウアイラが
日本初上陸
「PAGANI HUAYRA Japan Premiere Exclusive Night」に
WEB-NILE会員限定特別ご招待
“走る宝石"や“地上で最も美しい車"とも呼ばれるイタリアのスーパーカーブランド、パガーニは日本でも多くのファンを持つ。1992年にアルゼンチン出身のオラチオ・パガーニによって設立されたパガーニは、初代モデル「ゾンダC12」を発表し、マニアの話題を独占。以来、ゾンダシリーズを始めとる数々の名車を発表し、その威風は現在に至るまで衰えていない。
 昨年は、新型モデルとなるウアイラを発表。ボディデザインや特徴的なガルウィングドア、カーボンチタンのモノコックボディ、レトロモダンにデザインされた高級感ある車内、そしてパワートレインに至るすべてにおいて、今までのモデルには見られない仕様で、ウアイラ専用に刷新されている。また、心臓部には、M120系メルセデスAMGの自然吸気V12に代わって、新たに同じくAMGのM158V12の6リッターツインターボエンジンを搭載し、さらに組み合わされるミッションは、「ゾンダR」と同じくXトラック社製の2ペダルMT進化版としている。これらの新しいサスペション構造により、他のスポーツカーでは味わうことのできなかった軽快な走りが実現 、ゾンダを上回るパフォーマンスをみせてくれる。
PAGE...|
LINK
STYLE
スーパースポーツカー 新時代 Pagani Automobili
>>2013.8.22 update
STYLE
ランボルギーニ3年ぶりの新型車
>>2014.7.24 update
STYLE
ほれてくれた人に 作るクルマ
>>2014.1.16 update
STYLE
マセラティ オーナーズクラブ メンバーの集い
>>2009.1.15 update
STYLE
麗しきエステート
>>2018.10.26 update

記事カテゴリー