PAGE...|||
日本に上陸したラグビーワールドカップの優勝トロフィーは、ランドローバーのツアー専用車で、最初の巡回地となる山梨県・忍野(おしの)村の高座(たかざす)山へ。トロフィーとともに富士山を望む山頂までやってきた元ラグビー日本代表の大畑大介さんと、元ウェールズ代表のシェーン・ウィリアムズさん。ここで大畑さんが指で1を示しているのはテストマッチ(代表国際試合)トライ数世界1位で、シェーンさんが3としているのは同じくトライ数世界3位だからだ。
The Least Driven Path
LAND ROVER
Photo Satoru Seki Text Fumio Ogawa
2015年に英国で開催される「ラグビーワールドカップ2015」に先立ち、優勝トロフィーが世界各地を巡る「ラグビーワールドカップ・トロフィーツアー」が初めて行われている。同大会の優勝トロフィーとして知られる「ウェブ・エリス・カップ」が1年以上かけて世界15カ国を、ランドローバーの専用車で巡回して行く。最初の巡回地となったここ日本で、英国発祥のスポーツ・ラグビーとランドローバーの深い絆を追った。
マグナス・ハンソン代表取締役社長(以下・ハンソン)、大畑大介さん(以下・大畑)、こんにちは。大畑さんには先日、レンジローバー スポーツで山梨県・忍野村まで走りオフロード走行もしていただきましたね。

大畑 はい、とても面白かったです。片道100㎞を超えるドライブも、あんなに快適だとは思いませんでした。僕は体が大きいので、乗るクルマを選んでしまいますが、レンジローバー スポーツは広々としていて、居心地が良かったです。

ハンソン 大畑さんにブランドアンバサダーをお願いしたのは、英国に拠点を置くブランドとして、ラグビーを応援しているからなんですね。神戸製鋼コベルコスティーラーズでの大畑さんのご活躍ぶりは、ラグビーを志す人たちの憧れだったし、今も後進の指導に余念がない。

大畑 恐縮です。
PAGE...|||
LINK
STYLE
RUGBY WORLD CUP 2015 × LAND ROVER
>>2015.12.15 update
STYLE
ランドローバーとラグビーの絆
>>2019.11.26 update
TRAVEL
シンガポールで優雅なひとときを過ごす 二つの特別なプラン
>>2016.3.30 update
CULTURE
人種差別を超えるラグビー
>>2018.8.14 update
STYLE
ジャガー・ランドローバー・ジャパンが新ブランド・アンバサダー3名を発表
>>2017.4.5 update

記事カテゴリー