PAGE...|
2015年3月31日、新型Eクラスに日本でも「E 220 BlueTEC」(599万円)、「E 220 BlueTEC AVANTGARDE」(687万円)、「E 220 BlueTEC Stationwagon」(634万円)、「E 220 BlueTEC Stationwagon AVANTGARDE」(724万円)の4モデルがラインアップに加わった。これら4台とも、新エコカー減税の優遇(重量税および取得税免税)対象となっている。
メルセデスの
エンジン革命
Text Fumio Ogawa
E 220 BlueTEC クリーンディーゼル
メルセデス・ベンツは、高性能かつ高品質のプレステージカーとして、世界で最も知名度の高いメーカーの一つ。背景にあるのは技術力の高さで、これこそが新しいクルマを次々に開発する原動力となっている。今回ご紹介するクリーンディーゼル搭載モデルは、同社の技術と環境適合性への志向が融合して生まれた、注目すべきニューモデルなのだ。
 1936年に世界初のディーゼル乗用車を発売したメルセデス。経験ゆたかな同社が手がける「クリーンディーゼル」は、「世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現」(メルセデス・ベンツ日本 広報)というもの。
 一方、低回転域から大きな力を出すため、都市部では扱いやすく、高速走行では燃費にすぐれている。かつ、燃料費がプレミアムガソリンと比べるとリッター当たり40円近く安いなど、維持費も低め。要するにかなりいいことづくめなのだ。
 その「クリーンディーゼル」の最新版が、2.2リッター4気筒搭載のEクラスである。130kWの最高出力と、1400rpmから発生する400Nmの最大トルクは、必要にして十分。パワフルという形容詞がよく似合う。一度試乗してみれば、実に運転しやすく、とりこになる人が多いというのも納得できるのでは。新しい世界を連れてきてくれるメルセデス・ベンツのイメージにふさわしいニューモデルである。
PAGE...|
LINK
STYLE
二つの世界を同時に楽しむぜいたく
>>2012.12.21 update
STYLE
CLS350 BlueEFFICIENCY× 星野リゾート リゾナーレ
>>2011.6.28 update
GOURMET
Krug meets Kanda 2015 湧き立つクリュッグ
>>2015.12.26 update
STYLE
RICHARD MILLE C.E.O./リシャール・ミル C.E.O.
>>2011.2.25 update
STYLE
ランボルギーニ「新型ガヤルドLP 560-4」が登場
>>2013.3.15 update

記事カテゴリー