PAGE...|
(上)暗くなると照明が灯り、会場はラグジュアリーな雰囲気に
(左下)テントの中とは思えないほどの広さとラグジュアリーな空間
(右下)クルマの荷台にはグランピングアイテムを積んで展示した
都会の自然の中で
グランピング体験
レクサスと楽しむ新しいグランピングスタイル
東京ミッドタウンで「レクサス シティ グランピング ウィズ スノーピーク」を開催。このイベントは、本来大自然の中で行うグランピングを“アーバン アウトドア ラグジュアリー"をテーマに体現したもの。都会でありながら開放的で豊かな自然を感じられる東京ミッドタウンの特設会場を舞台に、レクサスのSUVシリーズと日本が誇るアウトドアブランド「スノーピーク」をパートナーに迎え、ここでしか体験できない空間を創造したイベントとなった。
 会場にはレクサスのSUVシリーズ「LX」、「RX」、「NX」とともに、スノーピークが新しく提案するグランピングテントを展示。グランピングテントはキャンプ用テントよりも居住面積が広く、まるで家にいるかのように寛げる。
 インテリアスタイリストの川合将人氏が、それぞれのクルマの世界観をテーマにラゲージルームの荷物とテント内のインテリアをセレクトしたエキシビション展示もあった。世界中の過酷な大地を余裕の表情で走る「LX」には、“ジャーニー"というテーマでシックなミッドセンチェリーモダンの家具をベースに、部分的に異国情緒あふれる民族工芸品などを組み合わせ、プリミティブテイストを演出している。新世代のラグジュアリーな生き方を表現した「RX」には、“ニューラグジュアリー"のテーマで、古材によるウッドテイストを前面に出しながらも、上品さを兼ね備えたリュクススタイルを演出。カジュアルかつ洗練されたデザインの家具を配置しながら、ポイントにスモークガラスを使った優美な光を灯す照明を取り入れ、心身ともにリラックスできる空間を創出していた。都会を俊敏に駆け抜けるイメージを持つ「NX」には、“プレイ ザ シティ"のテーマの元、モダンラグジュアリーをベースに大人の遊び心を刺激するアイテムをプラス。メタルやレザーを使用したシャープなデザインの家具を中心に、ハンキングプランターによるグリーンを演出し心地良い空間を体感できるスタイルに、ゲストはテント内で雑誌を読んだり、コーヒーを飲んでグランピングを大いに楽しんだ。
PAGE...|
LINK
STYLE
レクサス、都会で楽しむグランピングを開催
>>2016.1.23 update
STYLE
気分のいい走りは人と自然をつなぐ レクサス
>>2016.2.1 update
LIVING
美しく空間に調和するキッチン
>>2019.7.5 update
STYLE
東京・青海に期間限定 「レクサス RX ミュージアム」出現!
>>2009.2.3 update
STYLE
ジャガーXF・XKで行く箱根リゾートホテル
>>2009.6.8 update

記事カテゴリー