PAGE...|||
新型の開発で何より大切にしたことは“走る楽しさ"。言い換えると、“運転して気持ちよい"というフィーリングの追求である。これを実現するために、サーキットを含めた世界中の道でテスト走行を繰り返し、新型はその集大成としてスプリングやダンパーなどのチューニングはもちろん、サスペンションシステム全体の軽量化および高剛性化を施している。レーザースクリューウェルディングという溶接技術を使うなどしてボディー剛性を上げるとともに、すぐれた操縦安定性を目指した車両の統合制御技術であるレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステムを搭載。ドライビングの楽しさを追求する姿勢はレクサスならでは。
 レクサスは乗って気持ちよく、かゆいところに手が届くようなおもてなしのサービスでファンが多いが、クルマとしての完成度ゆえ国際的な評価が高い。ISの次にISを買う。そんなリピーターが多いのも、一つの証左といえるかもしれない。その核になるバリューを作り手が理解し、よりよい形で提供しようとしているのが新型レクサスISだということなのだ。
フロントフェンダーからダイナミックにつながるバンパーコーナーによりスポーティーでアグレッシブな造形を追求したフロント周り。
PAGE...|||
LINK
STYLE
ゆったりさに限界はない LEXUS to KANAZAWA
>>2016.6.28 update
TRAVEL
パリ・モーターショーにみるオープンカーの台頭
>>2009.1.9 update
STYLE
パリ・モーターショーにみるオープンカーの台頭
>>2009.1.9 update
STYLE
五感を解放する走り
>>2020.9.29 update
STYLE
レクサスの新しい世界が始まる
>>2009.2.2 update

記事カテゴリー