PAGE...1|2|3|4
Drive over the sea しまなみ海道を走る PORSCHE
Photo TONY TANIUCHI
Text Nile’s NILE
美しいものを見るためだけに、ドライブに出かける。このうえない贅沢だ。例えば、瀬戸内海の島々をつなぐ、瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)。海も山の緑もとびきり美しい季節に、カイエンSE‐ハイブリッドでこの海道を行く。優れたパフォーマンスとラグジュアリーな乗り心地、そして夢みたいな瀬戸内海の風景が非日常へと誘う。
ポルシェは1951年に356というモデルがル・マン24時間レースに出走してクラス優勝して以来、モータースポーツで多くの名誉を勝ち取ってきた。昨今では世界耐久選手権での活躍ぶりがよく知られる。ポルシェがつくるモデルは、こうしたサーキットで培った技術をもとにしたスポーツカーである。
 そして、より高性能で高効率なスポーツカーの開発を追求した結果、誕生したのがポルシェ独自のプラグインハイブリッドカーだ。それらは今も、進化し続けている。
 こうしたモデルの一つに、カイエンSE-ハイブリッドがある。カイエンという余裕あるサイズのSUVに、3リッターV型6気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。走りを楽しむのに十分過ぎる245kW(333PS)のパワーを発生する一方、ハイブリッド燃料消費率は11・9㎞/ℓ、充電電力使用時の走行距離は29・9㎞である。そこまでのポテンシャルを秘めているこのプレミアムSUVでは、走りの高みを手にすることができるわけだ。
生口島(いくちじま)での夕焼けとカイエン。生口島出身である日本画家の平山郁夫が瀬戸内しまなみ海道の開通を記念して「しまなみ海道五十三次」と題したスケッチを描いたことにうなずける美しさだ。

Cayenne S E-Hybrid Platinum Edition
ボディー:全長4855×全幅1955×全高1710㎜ エンジン:3.0ℓ V型6気筒スーパーチャージャー 最高出力:エンジン/245kW(333PS)、電気モーター/70kW(95PS)、システムトータル/306kW(416PS) 最大トルク:エンジン/440Nm、電気モーター/310Nm、システムトータル/590Nm 駆動方式:4輪駆動 トランスミッション:8速ティプトロニックS 価格:12,570,000円

>>カイエン&カイエンプラチナエディション ミニカタログプレゼント実施中。
 詳しくはこちら
PAGE...1|2|3|4
LINK
STYLE
いい車はいい旅をつくる Driving TO THE TOP
>>2016.10.11 update
STYLE
ポルシェカイエンで行くドライブにご招待
>>2017.3.31 update
STYLE
PORCHE Cayenne
>>2009.1.9 update
STYLE
マネーが先かグリーンが先か? ドイツの選択
>>2009.1.9 update
STYLE
そしてレクサスは京都のなかへとゆく
>>2014.5.13 update