PAGE...||
アルピーヌA110のオリジナルは、1963年に登場し、1973年の世界ラリー選手権で総合優勝をするなど、ラリーシーンで活躍。その名を世界にとどろかせた伝説のスポーツカーだ。山並みを背負う姿がりりしい。
蘇るフレンチ・ブルー伝説
Photo TONY TANIUCHI Text Fumio Ogawa
フランスのスポーツカーというとなじみが薄いかもしれないが、
同国はF1やラリーやルマン24時間レースなど、モータースポーツ大国であり、数々の名車を生み出してきた。その伝統は途切れていない。
いま、アルピーヌA110というすばらしいスポーツカーを送り出した。
スポーツカーには、大きく言うと、二つの楽しみがある。
 一つは見せびらかす楽しみ。もう一つは、アルピーヌA110に代表される、わかる人にはわかるクルマに乗る、ちょっとひそやかな楽しみだ。愉悦という言葉がもっとぴったりくるかもしれない。
 A110はフランスの生んだスポーツカーだ。工場の生産キャパシティーの問題から、デリバリー数が限られているので希少性も高い。乗っていると、クルマ好きが「あ、アルピーヌだ」と振り向く。イタリア製のスーパースポーツカーだって、今やそんなことは起きない。そして希少性だけではない。スポーツカーとして、注目すべき存在である。
 アルピーヌは1950年代から70年代にかけて、優れたスポーツカーを作り、モータースポーツにも積極的に参加した。ミッレミリアを始め、世界ラリー選手権やルマン24時間レースでの高成績で名声を確立したのだ。
資料請求 HPはこちら
PAGE...||

記事カテゴリー