PAGE...||
半世紀の時を超えて、現代に蘇ったフレンチ・ブルーのA110。四つのヘッドランプを配したフロント、コンパクトなLEDで構成されたX形に点灯するテールライトなど、伝説のA110のDNAが宿る。
初代A110は往時のアルピーヌの代表車種である。62年から77年まで作られた二人乗りのスポーツカーで、社名「アルピーヌ」の通り、欧州アルプスを始めとする山岳路のレースで勝つという目的を十二分に達成した。
 現代のA110は、名前だけ借りてきたわけではない。コンパクトな車体、運転しての楽しさ、そしてスタイル。美点をすべて継承したうえで、洗練させている。
 現在のアルピーヌA110は、1・8リッターエンジンをミッドシップしている。乗ると、スポーツカーの真価とは、エンジンの気筒数や排気量で決まるものではないとわかるはずだ。
 252馬力のパワーは1・1トン程度の軽量ボディーには十分過ぎるほどで、静止から時速100キロまでは4・5秒で加速する。
 操縦性はシャープで、山道ではこのうえなく楽しい。イタリアやイギリスやドイツのスーパースポーツカーと同等の走りのよさが、全長4・2メートルというコンパクトなボディーで得られるのも、大きな特長である。
資料請求 HPはこちら
PAGE...||
LINK
STYLE
ALPINE試乗会にご招待
>>2020.10.6 update
STYLE
圧倒するパワーと美の融合
>>2020.7.2 update
STYLE
家族の温暖化?
>>2019.11.7 update
STYLE
スーパースポーツカー 誕生前夜
>>2009.1.9 update
STYLE
Space of Luxury
>>2019.9.20 update

記事カテゴリー