PAGE...|
(左)「キャデラックXT4」全長×全幅×全高 4605×1875×1625mm / 1995cc 直列4気筒ターボ 全輪駆動/最高出力 169kW(230ps)@5000rpm /最大トルク 350Nm@1500~4000rpm /価格 5,000,000円台後半~(予定)(右)独自の最先端テクノロジーを搭載したフルサイズ ラグジュアリーSUV「エスカレード」の新型モデル。
美しく俊敏に
Text Fumio Ogawa
米国ではキャデラック初のコンパクトSUVとして人気の「XT4」が、2021年1月15日にいよいよ日本で発売となる。独自のスペースフレーム構造をベースに、躍動感あふれる表情豊かなデザインと最新技術を搭載したプレミアムなSUVだ。
キャデラックが上質の代名詞になってから、ずいぶん経つ。米国では、安全装備や燃費技術を、エッジの効いたボディースタイルに収めたキャデラックのプロダクトは、知性的と受け止められている。
 日本でも、だんだん、キャデラックの真の価値が認められるようになってきた。2021年1月15日に日本でも導入が発表されるSUV「キャデラックXT4」も、環境性能と運転の楽しさをともに自動車に求める声に真正面から応えたモデルとして、注目に値する。
 米国ではどんどんユーザーの年齢が若返ってきているというキャデラック。一度でも、今のラインアップを体験してみると、先鋭的な感覚のユーザーを満足させるに足る内容であると納得できるはずだ。
 全長4605ミリのボディーに、2リッター4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、9段オートマチック変速機を介して4輪を駆動する。
 最高出力169kW(230ps)というパワーでドライブの喜びを味わわせてくれるともに、「世界初」とメーカーが謳うたう「3ステージ・スライディング・カムシャフト」を採用。低負荷時は、4気筒のうち2気筒のバルブを開かず、燃費をかせぐ画期的な機構なのだ。
 4WDシステムは、後輪左右、別々にクラッチを設けているのが特徴。すべりやすい路面や悪路で片輪がスリップしても、駆動力が失われないようになっている。
 悪路でなくても、常に4輪を駆動するため、操縦感覚は力強く感じられるだろう。前輪が車体をひっぱる場面もあれば、後輪が車体を押す場面もある。それらの働きがうまく制御され、スムーズなドライブを実現しているのだ。

PAGE...|
LINK
STYLE
究極のラグジュアリーSUV
>>2020.11.26 update
STYLE
キャデラックに新たなSUVがラインアップ
>>2020.2.7 update
STYLE
Driving for Women SUV & Sneakers
>>2020.2.7 update
STYLE
Spring Luxury CADILLAC CTS
>>2014.5.2 update
STYLE
“CADILLAC de ONSEN”
>>2018.7.20 update

記事カテゴリー