PAGE...||||||
漆——
潤し、麗わし、ニッポンの器
Photo Tony
Text Yuko Suzuki
世界中の人々に愛されてきた「japan」
19世紀後半〜20世紀初頭、ヨーロッパ全土にジャポニ スム旋風が吹き荒れた。きっかけはオランダを通じて 日本の工芸品が紹介された第3回パリ万国博覧会。そ して1867年、開国後の幕府は第4回パリ万博に正式に 参加する。そこで薩摩藩、佐賀藩、民間から漆器や陶磁 器、絵画などが出品されたことによって、日本ブームに 火がついたのだ。ところが、それより3世紀も前、西洋 の人々の心を捉えたものがあった。漆である。
LINK
CULTURE
漆——自然が与え給うた命の器
>>2009.1.9 update
CULTURE
日本の伝統工芸の美を伝える チャリティーガラ開催
>>2015.11.20 update
CULTURE
伝統相伝の技芸が調和を成した高雅なる和の極み
>>2009.1.9 update
LIVING
IDC大塚家具が「逸品展」を開催
>>2016.5.26 update
GOURMET
椀味不只淡 第5回
>>2013.12.24 update

記事カテゴリー