PAGE...|
伝統とモダニズムの先へ 
原点
Text Yuko Suzuki
Photo Tony
日本の美の原点は“かざり”だった
かつて寺嶋氏が抱いていた日本文化・日本の美に対するイメージは、「わび」「さび」に代表されるように、デザイ ンも色も「シンプルで控えめ」。あるいは、いわゆる民芸風の、どちらかといえば泥くささのあるものだった。「で も、たとえば着物の色や柄。資料を見ると、時代を遡るほど斬新で華やかです。ところが何百年と時代を経るう ち、“シンプル=モダン=カッコイイ”という傾向が強くなってしまった。もちろん、シンプルの良さはたくさん ありますが、日本の美、日本人の美意識はそれだけではない気がするのです」。実際、日本の美を生む大きな原動 力となったのは、人々の「飾りたい」という情熱だったようだ。たとえば縄文時代の火焔型土器。あの変化に富ん だ模様は日本人が装飾に情熱を注いだ原点とも言われている。
PAGE...|
LINK
STYLE
CUERVO Y SOBRINOS/クエルボ・イ・ソブリノス
President
>>2009.1.9 update
LIVING
コーヒーカップに日本の品格をのせて ノリタケ
>>2016.9.10 update
CULTURE
盆栽(1)——それは想像力と戯れる遊び
>>2009.1.9 update
LIVING
タワーマンションの常識を覆す世界初のレジデンス
>>2009.10.27 update
CULTURE
深遊探訪・早春を廻る TRAIN SUITE 四季島
>>2019.2.27 update

記事カテゴリー