PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第12回
「鎖国」と二つの「普遍」の衝突
最近、気になって仕方がないことがある。それは今、国内外で起きている全てのことが最終的には何に収斂するのかということだ。無論、目先で細かく色々なことは起きており、今後も起き続けるはずだ。その度に多くの人たちが激しく動き回り、歴史が織り成されていく。だが、世界史の大流からすれば「さざ波」に過ぎないそうした出来事を超えて、これら全てを押し流している根源的なところに私の関心はある。
 こう考える時、私の関心をとらえて離さないのが約260年間も続いた「徳川幕府による我が国の平和」である。日本人にとっては当たり前のことのように思えるかもしれないが、同時代史という観点で見るとそれが全く希有な出来事であったことに気付く。17世紀から19世紀半ばにおいて、「西洋」は激烈な死闘を繰り返していた。やがてそれは「帝国主義時代」へとつながって行く。ところが我が国はその間、安泰な世の中を享受していたのである。
 「なぜそのようなことが当時の日本には可能だったのか」―そう考えた時、閃いた言葉がある。「徳川家」に深く所縁のある方から、ある時言われた言葉である。
 「学問としての日本史では全く語られることがありませんが、実のところ徳川家康が『カトリックとはなんぞや』ということについて、深く研究した形跡があるのです。家康の関心はカトリックが何を目指しているのかを知ることにありました。徳川幕府についてほとんど全ての史料が公開されている中、水戸徳川家には一門であっても見ることのできない『開かずの蔵』があります。恐らくはそこに大量のカトリック関連の史料が残されているのではないでしょうか」
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第17回
>>2014.8.8 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第44回
>>2016.11.10 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第6回
>>2013.9.18 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第10回
>>2014.1.14 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第31回
>>2015.10.1 update

記事カテゴリー