PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第23回
「名誉ある勇退」という地方創生の切り札
「今、地方新聞社の論調は、どこもかしこも『アベノミクスはやはり失敗だった』です」
 久方ぶりに訪れた我が国を代表する通信社のカウンターパート氏は面会早々、こんなふうに切り出してきた。この2年ほどお休みしてしまっていたが、これまで私は全国津々浦々、地方新聞社が主催する講演会に、毎月のように出講しては「これからバブルがやって来る」と論じてきた。2012年春までのことである。その年の12月、いわゆる「アベノミクス」が始まり、私が語っていた未来図は瞬く間に現実となった。
「そろそろ“続き"をお話しすべき頃ではないか」
 そう思った私は、これらの講演会をアレンジしてくださっていたカウンターパート氏の元を訪れたというわけだ。同氏は、いつもながらの笑顔で歓待してくださった。そして語ったのが冒頭の言葉である。
 率直に言おう。「アベノミクス」とはそもそもデフレ脱却を目標にしたものではない。「結果的にやるべきことは全てやりましたが、やはりダメでした」と我が国が万歳三唱してデフォルト(国家債務不履行)へと事実上突っ込むための儀式に過ぎないのだ。そのことはこの国を一歩でも外に出るとすぐに分かるのだが、国内にとどまっているとどうしても理解することができない。だが、「株価は上がっているが賃金は一向に上がらない、街角もにぎわっていない」という現実を日々目の当たりにするようになって、ようやく多くの人々がアベノミクスのおかしさに気付き始めたのである。
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第49回 「PAX JAPONICA会議」とは何か
>>2017.4.21 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第55回
>>2017.10.21 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第71回
>>2019.2.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第43回
>>2016.10.11 update
STYLE
地方から日本を元気に オッズパーク
>>2014.9.29 update

記事カテゴリー