PAGE...1|2


時代を読む――原田武夫 第45回




アメリカ人が英語を話さなくなる日
「リンガ・フランカ(linguafranca)」という言葉がある。古代から中世に差し掛かるころ、欧州での共通語は「フランク人たちが話す言葉」であった。これがリンガ・フランカなわけであるが、その後、国際社会全体で誰しもが話す言語のことをそう呼んでいる。現在、これが英語(English)であることは誰も疑う余地がない。
 しかし「今後も未来永劫(えいごう)、リンガ・フランカは英語であり続けるのか」と言えば、実は疑問なのである。「まさか」と多くの読者は思うかもしれない。
 それもそのはず、世界中どこに行っても英語の教科書があふれているからだ。我が国についても大学では第2外国語という科目が続々と廃止されており、英語だけしか学ばない学生が急増している。その意味で「英語の地位は永久不可侵」であるかのように見えなくもないのだ。
 最近、こんな話を聞いた。情報源は、米国の超難関大学で学長の次の席次を持つ日本人名誉教授である。私のメンターの師匠がこの先生であり、時たま、米国のトップエリートたち、しかもアカデミズムの最高峰に位置する者たちが、一体どんな思考をしているのかを教えてくださっている。この時もそうであった。北海道に暮らすメンターが、かなり興奮した勢いで電話をかけてきたのである。
「 原田くん、これから米国はとんでもないことを仕掛けてくるようだぞ。米国にいる先生がつい先ほど、電話をかけてきたんだ」
 話を聞くとこうであった。――米国で2000年に生まれた赤ん坊の中でもIQが明らかに高くなると判断できる子供たち25名が選りすぐられ、親からも完全に隔離した形で育てられている。無論、選定したのは米国の「国家意思」である。そんなものが存在するのかと思われるかもしれないが、私たち日本人からは、決して見えない形でそれは現に存在しており、緩やかなネットワークを超エリートたちの間で構成しながら、大所高所からの判断を行っているのだ。
PAGE...1|2
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第10回
>>2014.1.14 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第26回
>>2015.5.15 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第17回
>>2014.8.8 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第24回
>>2015.3.4 update
STYLE
未来を拓く高品質な英語教育
>>2015.12.1 update