PAGE...1|2|3
(左)今月1月にニューヨークで開催されたヘリテージ・コレクション。世界的に人気の高いコインが出品され、各国からバイヤーが集まった。(右)ユニバーサルコイン代表取締役の西村直樹氏も希少なコインの落札を狙って同オークションに参加。
「今年1月にニューヨークで開催されたヘリテージ・オークションに参加してきました。世界最大規模となるアンティークコインのオークションで、もちろんインターネットからも参加できますが、各国から集まったバイヤーの熱気たるやすごいものでした。出品されるコインは日本円で数千万円台のものも多く、高額のコインほど値上がり幅も大きいため、世界中の投資家が狙っています」
 なぜそんなにも投資家がアンティークコインに注目するのか。それは値崩れの心配がないというのが最も大きな理由だろう。
 「圧倒的に現存数が少なく、だぶつきによる値崩れの心配がありません。また市場は世界中にあるため、売りたいときに自国の景気が悪くても、値崩れを気にせず売りに出せます。最近は新興国の富裕層がステータスシンボルとしてアンティークコインの収集に乗り出しているので、希少価値の高い人気のコインは今後ますます値上がりすると思います」
PAGE...1|2|3