PAGE...1|2
時代を読む――原田武夫 第48回
海南島で考えたこと。
先月下旬に中国・海南島をスタッフと共に訪れた。この島を訪れるのは2度目のことであり、前回は1年半ほど前だった。「海南島」という名はあまり聞き覚えがないかもしれないが、中国最南端にある巨大な島であり、我が国でいうと九州にちょうど匹敵するほどの規模を誇っている。北端にあるのが省都の「海口」であり、ここは亜熱帯に属している。ところが南にあるリゾートの拠点である「三亜」は完全に熱帯に属しており、よく見ると植生も違う。まさに南国であり、周りを包み込んでくれる自然の全てが南国モードなのだ。時間の流れがゆったりとしているのが肌身に染みて分かる。
 この島を再訪したのには訳がある。華僑・華人勢力に属している私の親しい友人であり、事業パートナーである人物がこの地で盛んに事業展開を行っているのである。この人物(ちなみに女性である。いや「女傑」といった方が正しいか?)は、父上がこの島を取り仕切る立場を務めていたが、1989年に発生した「天安門事件」で失脚。その後、兄上が人質にとられた上で一家離散を強いられた。女史だけは父の命で大阪に行き、そこで大学に入学したが、深夜喫茶でバイト代を稼いでは糊口をしのぐような厳しい日々を送っていたのだという。
 しかしその後、まさに文字通りの立身出世を果たした彼女は、今や「大富豪」である。邦貨換算で数兆円もの預かり資産を誇るプライベートバンカーであり、全世界を飛び回りながらこの島に年間数回やって来る。事実上の本社機能の一つがこの島にあるのだ。本当は「名目上、本拠地は北京」であるそうだが、大気汚染があまりにもひどいので、今や北京オフィスは空室のまま置いてあるのだという。やはり「党」との関係で完全撤退は難しいのかもしれない。
PAGE...1|2
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第46回
>>2017.1.16 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第40回
>>2016.7.13 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第15回
>>2014.6.9 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第36回
>>2016.3.3 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第39回
>>2016.6.23 update

PR