PAGE...|
(大)第7 回〈LLADRÓ WOMEN’S AWARD〉受賞者、鳥居 晴美氏(NPO 子供地球基金 代表)。(小)トロフィー/リヤドロ「FRATERNITAS<友愛>)
リヤドロ ウィメンズ アワード2018が開催
特別顧問としてデヴィ・スカルノ氏が登壇
リヤドロジャパンは、3月12 日マンダリンオリエンタル東京にて、「リヤドロ ウィメンズ アワード授賞式/チャリティーガラ 2018」を開催。各界で活躍中のセレブリティをはじめ、チャリティに賛同の文化人、リヤドロ ウィメンズ アワード歴代受賞者、リヤドロカスタマーなど、約180 名が来場した。
 今年で7回目を迎えたリヤドロ ウィメンズ アワードは、母として、社会活動家として、職業人として、個人で、あるいは団体として、ブランドの哲学でもある「普遍的価値」を体現して活躍する女性を選び、または推薦され、リヤドロより敬意を示す賞として授与している。
授与式は、水野由紀様によるチェロと、加藤万里奈様による口笛演奏の晴れやかなオープニングアクトで幕を開けた。乾杯酒は、第6 回授与式と同じく “日本酒きき酒師"で、同アワードのパートナーである近藤淳子氏がセレクト。乾杯の発声も近藤氏が行い、フルコースディナーがスタートした。
 歴代受賞者の紹介後、元インドネシア大統領夫人、ラトナ サリ・デヴィ・スカルノ氏がリヤドロ ウィメンズ アワードの目的と理念に共感し、アワードの特別顧問引き受けたことも併せて発表された。そして、第7回リヤドロ ウィメンズ アワード受賞者であるNPO 子供地球基金(KIDS EARTHFUND)代表の鳥居晴美氏に、トロフィーであるリヤドロ「FRATERNITAS<友愛>」が授与された。
PAGE...|
LINK
STYLE
東京と大阪で12月に特別招待会を開催 リヤドロ
>>2014.10.30 update
LIVING
やわらかな光の花が咲く
>>2019.7.4 update
STYLE
リヤドロミュージアム展 ~デザイナーズアートと料理長の饗宴
>>2011.4.14 update
LIVING
リヤドロ創業60周年記念モデル「雛人形」が登場
>>2013.3.1 update
STYLE
ディープインパクトが蘇る リヤドロ
>>2016.9.8 update

記事カテゴリー