PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第53回
ついに始動した「日本バブル第2弾」
実は昨年、2016年8月からグローバル経済は決定的な形で変化し始めている。その奥底において、これまで表立ってカウントされてこなかった莫大(ばくだい)な量の金塊が現金化され始めたからなのであるが、それに加えて今年2017年6月になり、今度は表の世界でも重大な変化が生じた。「円高基調における我が国固有の資産バブル展開」としての“日本バブル第2弾"がついに始まったのである。
「一体何のことを言っているのか。我が国において株価は時に騰(あ)がることはあっても、下がることもある。要するに一進一退なのであって“バブル"などというものからは程遠いのではないか」。そんな言葉が読者の口からは聞こえそうである。だが、今回は断然“バブル"なのだ。なぜそう言えるのであろうか。
 私たちが普段、忘れていること。それはいわゆる「平成バブル」以降に発生したバブル局面においては、常に「円高」が特徴的であったという事実だ。これは「マーケットにおける一般常識」を刷り込まれている方々からすれば、やや驚きかもしれない。なぜならば、この「一般常識」ではこう語られるのが常だからだ。
「我が国の株価、とりわけ日経平均株価として示される株価指標は、円安になると上昇する。したがって株価を上昇させたいならば、円安に誘導するのが常道なのであって、円高ではむしろ株価が下がってしまう」
 これは表層的には正しい。だがマーケットの深層においては、正しい見解ではない。
 まず「円高である」のはイコール、我が国が選ばれているからである。「円高は悪の根源」といった見解が一般的だが、普通、マーケットで人気があるからこそ、そのモノの値段は高くなるのである。したがって、この大原則に則(のっと)るならば、円高は通貨としての日本円、さらにはその背後にあって実質的な存在である我が国ニッポンそのものが、マーケットの参加者によって選ばれていることを意味しているのだ。
 そしてその結果、マーケット参加者の多くが日本円を持つに至るのであれば、次に「この日本円をもって何を買おうか」という話になるのは必然なのである。我が国のマーケットに数多くの売り物があることは事実だ。しかしよくよく考えてみると、とりわけ外国からやって来る投資家たちにとって、売買しやすいものは限られている。その一つが株式だ。だからこそ株価がむしろ上昇するというわけなのである。
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第16回
>>2014.7.11 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第3回
>>2013.6.14 update
STYLE
金融コラム 田嶋智太郎 経済アナリスト
>>2017.10.10 update
STYLE
金融コラム 田嶋智太郎 経済アナリスト
>>2017.8.3 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第7回
>>2013.10.15 update

記事カテゴリー