PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第70回
「企業再生」の足音が再び聞こえるニッポン
相も変わらず「大本営発表」のような政府による経済評価と見通しばかりが連呼されている我が国。そうした我が国の奥底において今、再びあの足音が聞こえ始めている。「企業再生」である。富裕な諸国から続々と投資家が飛来し、我が国において企業再生ファンドを極秘裏に設立し始めている。
「ニッポンの不動産マーケットは、もう終わった。これから儲(もう)けるとするならば、企業再生しかない」
 そう断言する彼らは人知れず海の向こう側から、大量の資金を次々に持ち込んでいる。我が国からの「資金持ち出し」となると異様にうるさい金融当局であるが、「資金持ち込み」となると合法的な手続きによる限り、資金規模を問わずウェルカムである。そのことを前提に彼ら「越境する投資主体」の紳士たちは夜な夜なプライベート・ジェットで我が国空港に飛来しては、昼間に我が国大企業の最高幹部らと話し合い、そして再び夜な夜な去っていくのが実態なのだ。
「企業再生」というとどうしてもヒーロー物のストーリーを考えてしまうのが私たち日本人の悪い癖である。先代社長である会長が亡くなり、およそ無能な息子が社長に就任。放蕩(ほうとう)の限りを尽くす中、いよいよ銀行団から「NO」が突きつけられる。不祥事や刑事事件までもが勃発する中で中堅の志ある若きリーダーが声なき声を上げ始め、再建を手伝う金融セクターの担い手たちと共に、時に無茶な要求をする債権者やコンサルタントと闘いながら、ついには念願の「企業再生」をやり遂げる。そんなところだろうか。
PAGE...|
LINK
BEAUTY
運動+ 免疫プロテインで強くなる
>>2019.9.4 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第71回
>>2019.2.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第76回
>>2019.7.4 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第67回
>>2018.10.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第63回
>>2018.6.22 update

記事カテゴリー