PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第71回
再び到来する「不良債権紳士」の時代とその末路
表向きマスメディアでは「好景気は続く」といった大本営発表とでもいうべき論調が続いている我が国だが、現実の経済を見ると全くそうではないことは言うまでもない。実質賃金が伸び悩む中、企業の現場ではデジタル化により「隅の隅までマーケットにする」という細かな作業が日常化しており、働く者の側にはとにかく疲労感ばかりが募る展開となっている。とにかく相手は巨大な人口知能(AI)であり、とてつもなく広いグローバルマーケットなのである。かつて我が国において一世を風靡(ふうび)した「平成バブル」当時のように、ドリンク剤を飲んで「24時間戦えますか」と叫んでいれば何とかやり過ごせるという状況ではおよそないのが現実なのだ。
 そしてそうした中、ひたひたと迫り始めているのが再び「あの時代」なのである。そう、「不良債権が山積みになる時代」だ。無論、表向きマスメディアでこうしたことが先行して語られることは全くない。メディアがこの問題について公然と語り始めるのは、何か「コト」が起きてからなのである。しかし、そうなってしまってからでは全くもって遅いのだ。その時にはもう不良債権という大型爆弾が我が国の至る所で炸裂(さくれつ)している、に違いないのである。
 これまで25年にわたってグローバル金融マーケットを渡り歩いてきた珍しい日本人の一人である猛者が、私に対して最近、こんな風に教えてくれた。
「今年3月末を過ぎて不動産を買う者は、我が国において皆無になるはずですよ」 
 このマーケットの猛者が言うにはこうである。――今、我が国の、とりわけ地方の金融機関は莫大(ばくだい)な不良債権を抱えるに至っている。日本銀行が安倍晋三政権にどやされる形で「量的緩和」をし続けたものの、とにかく地銀レベルでの融資貸出残高は伸び悩んできた。何せ、かつて「貸し剥がし」を平成バブル崩壊の時から行うことで成り立ってきたのが我が国の金融機関なのである。「事業性はあるがリスクも高い」ような案件を自らの足で見つけ、育て、資金注入して共に繁栄するなどという発想どころか、能力そのものが皆無なのだ。
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第76回
>>2019.7.4 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第70回
>>2019.1.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第64回
>>2018.7.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第26回
>>2015.5.15 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第36回
>>2016.3.3 update

記事カテゴリー