PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第72回
異常気象が指し示す私たち人類の「本当の未来」
この原稿は2月だというのに、恐ろしく暖かい日に書いている。街行く人々はマフラーもせず、コートも着ていない。先日までの厳冬といった様子が全く嘘のようである。
 しかし、地球の裏側を見るとこうした様子は一変する。米国の一部地方では何と「マイナス50℃」にまで気温が達し、凍死する者が多数出たと報じられている。また、英国ではそこまでではないにせよ、激しいブリザードで全土が凍り付いていると聞く。しかも、これらの状況は昨年より明らかにひどくなっている。
 こうした中で、あの米航空宇宙局(NASA)が「考え方を改めた」旨の発表を行ったことで物議を醸し始めている。これまで気候変動というと「地球温暖化」ばかりを語ってきたが、「地球寒冷化」こそが本当の課題なのではないかというのである。それだけではない。米国では有数の報道機関が同じ論調に切り替え始めている。例えばCNNも「こんなに寒いというのに誰が温暖化だとまだ主張するのか」といった論調を華々しく掲げ始めているほどなのだ。
 この流れを読者は、どのようにご覧になられているだろうか。「いつものことだ」「また数年も経てば手のひらを反すのでは」などと考えているのではないかと思う。しかし今回だけは違う(Thistime is different.)なのだ。そのことをこの場を借りて、改めて強調しておきたい。
 私は2012年ごろから「これから起きる本当のこと」として、こう述べてきた経緯がある。
「既に太陽活動の激変が発生しており、とりわけ黒点数が激減することを通じて太陽風が吹かなくなることで磁力線に変化が生じている」
「このことで地球上に降り注ぐ宇宙線に変化生じつつあり、さらにそれを受けて、とりわけ赤道直下の海洋が暖められ、大規模な低気圧が発生し、大陸に向けて台風やハリケーンとなって吹き寄せている。これが冬になると豪雪をもたらすのである」
「北極圏を除く北半球では激しい気候変動が加速度的に発生する。明らかにそこでは寒くなるのであり、免疫力の著しい低下が生じる中、人々は次々に降りかかってくる感染症の波にのみ込まれるようになる」
「最悪の場合には命すら落とすため、人類はあらゆる面で活動を停止・緩和していく。当然、グローバル経済は緩慢なものとなって行かざるを得ず、放っておくとデ
フレ縮小化が著しくなる。これを防ぐため、デジタル経済の導入と拡大が図られ、かつプレーヤーとしてこれまで差別・抑圧されていた社会的な集団の参加が促されるが、結局、間に合わず、人類社会で惨劇が発生する」
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第62回
>>2018.5.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第69回
>>2018.12.22 update
STYLE
地球を継ぐ知恵 Vol.1【環境破壊の継承】
>>2009.1.13 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第75回
>>2019.5.24 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第68回
>>2018.11.22 update

記事カテゴリー