PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第73回
日本デフォルトと北方領土
「ロシアは返すとしても歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)の2島だけ。絶対に残りの2島は返してこない」
ロシアだけではなく、我が国においてもそうした論調が声高に語られるようになって久しい。「四島返還を主張し続けないと我が国の領土を虎視眈々(こしたんたん)と狙う他の近隣諸国との関係で示しがつかなくなる」と正論を吐いているのは、そもそも我が国外務省だけというのが実情だったが、それも最近は徐々に小さな声になりつつある。今や、完全にロシア側のペースにのみ込まれている。それが我が国固有の領土であるはずの北方領土を巡る返還交渉の実態なのである。
 しかし、ロシア側の「真意」は全く別のところにあるようなのだ。マーケットの奥底で蠢うごめく「越境する投資主体」の雄が教えてくれた。我が国では全く知られていないが、その実、各国の王族や政治リーダー、財界から信頼され、巨額の資金の運用を任されている御仁だ。
 この人物曰いわく、「ロシアは実際のところ、四島返還をすでに決めている」のだという。まさかと思ったが繰り返しそのように教えてくれているので、間違いない非公開情報なのだと私自身は考えている。それでは一体どのような条件づけで、そうした「四島返還」をロシア側としては実現してくれるというのであろうか。
 プーチン露大統領は策士である。我が国の側において誰しもが「北方領土は絶対に返ってこない」と思い込んでいる真っただ中に「シンゾー、いい加減、例の領土問題を解決しようじゃないか」と公開の場で安倍晋三総理大臣に語り掛けてきたのだ。
 慌てふためいたのが我が国であることは言うまでもない。爾後(じご)、交渉は完全にロシアのペースで進められてきている。
 そうした中でどうも腑(ふ)に落ちない点があるのだ。確かに択捉(えとろふ)島にはロシア海軍最大の潜水艦基地がある。しかも付近には深い海溝があり、そこに原子力潜水艦が潜んで敵を待ち伏せするには非常に都合が良いのだ。そうである以上、国後(くなしり)島と択捉島をロシアが返還することは永遠にない。そう思ってしまうのが当然の流れなのである。
 だが、繰り返しになるが「策士プーチン」のことなのだ。普通のレベルで思考しているとはおよそ考えられないのである。ある意味、「人智(じんち) を超えたレベル」での思考や発想を踏まえた上で、結論として今この瞬間に我が国との交渉に踏み切ったに違いないのだ。しかもどのみち、時間がかかる交渉になるのは目に見えている。そうである以上、ややリードタイムも含めた上で「交渉開始」を先ほど述べた通り、いきなり宣言したと考えるべきなのだ
PAGE...|

記事カテゴリー