PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第82回
バンコクの河のほとりで考えたこと
今、このコラムをタイ・バンコクの市内を流れる河を、眺めながら書いている。世界中を駆けめぐることを仕事の一つとしている私だが、意外にもこの街を前回訪れたのは2003年、キャリアの外交官として現役であった時代のことだった。その頃の記憶をたどると、文字通り隔世の感がある。
 2003年といえば、この国をまず襲い、次にアジア全域、さらには全世界を巻き込むことになった「アジア通貨経済危機」が発生した1997年から6年後である。
この通貨経済危機はタイの通貨であるバーツが突然、大暴落したことから始まった。あれからすでに20年以上の月日が経ってしまった今、このことについてすら語られることはあまりなくなってしまっている。
 1990年代、中国はいまだ急激な経済発展を完遂し始めたとまでは言えない状況にあった。他方で我が国は平成バブル崩壊に悩み、いよいよ「この問題は皆が考えている以上に深刻なのではないか」と誰しもが思い始めていた頃でもあった。そしてグローバル・マネーはというと、その間隙を縫って東南アジア、とりわけこのタイという国の経済に一斉に注ぎ込まれたのだ。しかしそうしたバブル経済も束の間、今度は「通貨経済危機」というとんでもない事態が発生したのは先述の通りである。
 あの時、ほぼ同時に崩壊の憂き目にあったのが韓国だ。しかし韓国は、自らの力で立ち直ることができず、ついには国際通貨基金(IMF)による管理という屈辱的な目にすらあってしまう。
 これに対してタイはというと、我が国による積極的な支援もあり、助かるのである。そして今、市内を縦断する河の両側はウォーターフロント開発が見事に成功しており、20年余前にそうした危機が生じたなどということは、およそ想像もできないレベルにまで発展しているのだ。
 こうした出来事を「マネーの力」と総括するのはたやすい。しかしそれだけではないとも強く思うのである。それではタイがその在り様の根本を変えることなく、存立し得たその秘密はどこにあるのだろうか。私が考えるにいくつかの決定的な理由がある。
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第62回
>>2018.5.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第63回
>>2018.6.22 update
CULTURE
王が還る場所
>>2017.4.6 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第54回
>>2017.9.21 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第81回
>>2019.12.10 update

記事カテゴリー