PAGE...||||||
(左)《温室》、(右)《The new world》2008
ファブリス・イベールの見たアートと自然
Photo&Text Yuri Shirasaka
都市の風景を変える、農業+アートの展覧会
パリの凱旋門にある環境保護をテーマとした作品「時の変化」など、環境、農業、アートなどを結び つけて多彩な活動を展開しているフランスのアーティスト、ファブリス・イベール。彼は、数年前、 フランスの田舎、ヴェンデに森をつくり始め、アイデアを育てることと森を育てることに共通点を 見出すようになった。その彼が今、農業とアートを融合した展覧会を青山のワタリウム美術館で 開催している。地球温暖化、枯渇する資源の問題に直面している21世紀。「たねを育てる」を合言葉 に、全身野菜でできた人物像が登場、美術館のなかで蜂や蠅を飼うなど、今回もまたユニークな構 成となっている。ドローイングはそうしたアイデアの源、種である。
「ファブリス・イベール たねを育てる」展の風景。
LINK
CULTURE
現代社会へのダウトを投げかける森美術館
>>2013.12.18 update
TRAVEL
SO CLOSE TO NATURE
>>2013.9.20 update
TRAVEL
迷子になろうよ、いっしょに。
>>2013.12.26 update
CULTURE
モネの「眼」の軌跡をたどる美術展
>>2014.1.23 update
STYLE
ケ・ブランリー美術館—都市空間創造の可能性
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー