PAGE...
LUX BOOK REVIEW
『京極夏彦 画文集 百怪図譜』
Text Mihoko Matsuda
骨の随まで京極ワールドに浸る
『姑獲鳥の夏』で衝撃的なデビューを飾った作家・京極 夏彦氏は、優れたアートディレクターでもある。この本 は、2000年に行われた「百怪図譜」という展示会に彼が 出品したリトグラフに彼自身が文章をつけた画集だ。 収められている35点の作品は、すべて妖怪。河童がい て青坊主がいる。「魍魎の匣」の魍魎も、「鉄鼠の檻」の 鉄鼠もいる。そう、まさしくこの本は、骨の随まで京極 ワールドに浸れる極上の一冊。京極ファンには垂涎も のであることは言うまでもないが、京極ファンでない 人も、描かれた妖怪たちの妖しく哀しい姿に、心を奪 われるに違いない。この本を開くのは、湿りけのある暑 さを感じるこれからの季節が最適。時間は夜。はるか 昔に人間が想像の中で作り出し、21世紀の今、京極氏 によって本の中で命を与えられた妖怪たちが、動き出 してくるような楽しみがある。
●『京極夏彦 画文集 百怪図譜』京極夏彦
講談社 2,730円
PAGE...
LINK
CULTURE
絵で感じる夏ならではの納涼体験
>>2019.6.25 update
CULTURE
GREAT IMAGINATION 脳内妖怪ホルモン
>>2016.6.10 update
GOURMET
昭和な京都Part2
>>2016.8.22 update
CULTURE
GREAT IMAGINATION 脳内妖怪ホルモン(2)
>>2016.6.13 update
LIVING
世界のクリエイションに 最も影響を与えている クリエイター
>>2013.3.1 update

記事カテゴリー