PAGE...||||||
作品は屋上・屋外に至るまで敷地全体にちりばめられてい る。まず、通りからも見える屋外イベントスペースには、チェ ・ジョンファによるカラフルな馬のモニュメント。エントラ ンスホールに入ると、床一面、色とりどりのビニールテープ で覆ったジム・ランビーのインスタレーションが広がり、歩 くうちに、自然と鮮やかな作品の世界に引き込まれてしま う。展示室は独立した「アートの家」のように点在し、ロン・ミ ュエクの巨大な女性像がたたずむ大空間をはじめ、それぞ れに大きさや採光が設計され、作品にとって最高の空間を 提供している。屋内展示は、センサーでドアを開閉し近未来 的な環境を創り上げるボッレ・セートレのインスタレーショ ンや、光と音で満たされたガラスの橋の内部を通り抜け、五 感を刺激するアナ・ラウラ・アラエズの「光の橋」といった体 験型作品のほか、ビデオアニメーションなどの映像作品も あり、多彩。
(左上)チェ・ジョンファ「フラワー・ホース」(c) Mami Iwasaki(右上)ジム・ランビー「ゾボップ」Courtesy of The Artist and The Modern Institute/Toby Webster Ltd, Glasgow (c) Mami Iwasaki(左下)ボッレ・セートレ「無 題 / デッド・スノー・ワールド・システム」(c) Mami Iwasaki(右下)アナ・ラウラ・アラエズ「光の橋」(c)Mami Iwasaki
LINK
CULTURE
いにしえの芸術を現代アート感覚で解釈する
>>2009.1.9 update
CULTURE
草間彌生 わが永遠の魂
>>2017.3.31 update
CULTURE
学術の街、美術の街
>>2017.5.22 update
CULTURE
芸術の秋にカナダ美術館
>>2018.9.10 update
LIVING
半世紀にわたる建築家の挑戦
>>2017.11.24 update

記事カテゴリー