PAGE...|||
「ジュリアン・オピー」
アジア初の大規模個展
Text Yoko Yamamoto
約70点もの近作が集結
現代アートに触れても、『さっぱり意味のわからないガ ラクタだ』、『こんなものマンガじゃないか』と、硬直し た思考でしか受け止められなかった頃とは打って変 わり、日本でも柔軟に現代アートを楽しむ土壌が醸成 されてきたのがここ10年ほどのこと。特に、ここ数年の 現代アート人気の高まりには目を見張るものがあり、 人気作家が大規模な個展を開催することも多くなっ ている。そんな機運に乗って、イギリスを代表する現 代美術作家、ジュリアン・オピーのアジア初の大型個 展が、水戸芸術館現代美術ギャラリーにおいて開催さ れている。有名なところでは、表参道ヒルズオープニ ングプロジェクトとして披露された“LEDブライトアッ プウォール”(発光ダイオードで外壁に映像を描き出 したもの)の作品や、イギリスの人気バンド、ブラーの アルバムジャケットなどの作品があり、幅広いジャン ルで超メジャー級の活躍を続けている作家だ。
PAGE...|||
LINK
CULTURE
野村萬斎×杉本博司 三番叟公演「神秘域 その弐」
>>2013.1.30 update
CULTURE
LUXKNOWLEDGE厳選 この春注目の展覧会
>>2009.3.13 update
CULTURE
新しい価値を問う 鑑賞券プレゼント
>>2014.6.13 update
CULTURE
芸術の秋にカナダ美術館
>>2018.9.10 update
CULTURE
李 禹煥氏が描く「シャトー・ムートン・ロスチャイルド2013」
>>2016.2.20 update

記事カテゴリー