PAGE...
宮本亜門×ガラスアーテイスト 松堂今日太の2人展
Kyota Matsudo《1/7000000000》2011
“ Unseen=ミエナイモノ”をテーマに、
2人が異なった表現方法で作品を制作
ガラスアーテイスト 松堂今日太と、舞台演出家 宮本亜門による2人展、「Unseen」が11月18日(金)から開催される。それぞれ異なったフィールドで活動する2人は、2008年に行われた「ゴッドデザイン」展から、内なる意識を表現する試みとして「KYOTA!&AMON」というアートワークユニットをつくり、作品を発表してきた。
 2回目となる今回の展覧会は、“ミエナイモノ"が2人の共通のキーワード。松堂氏は、受け継がれていくもの、同時に変化する曖昧な観念、もろくも強い生命の鼓動を、ガラスという素材を用いて表現。一方、宮本氏は木材を使用し、モノに宿っている空間と時間を切り取って表面化することを試みる。会期中は、松堂氏、宮本氏のほか、アーティスト 山川冬樹氏や、ヴィヴィアン佐藤氏、KING氏をむかえたトークイベントも予定されている。

●Unseen
開催期間:2011年11月18日(金)~11月27日(日)
開催場所:SUNDAY ISSUE
東京都渋谷区渋谷1-17-1 美竹野村ビル2F
TEL03-3797-1288 http://www.sunday-issue.com
トークイベント:
11月19日(土)15:00~16:00 松堂今日太 & 宮本亜門
11月22日(火)20:00~21:00 松堂今日太 & ヴィヴィアン佐藤 & KING
11月23日(水・祝)15:00~16:00 松堂今日太 & 宮本亜門
11月26日(土)20:00~21:00 宮本亜門 & 山川冬樹
PAGE...
LINK
CULTURE
知られざるノルウェーの デザイン展
>>2013.6.13 update
CULTURE
本格的回顧展「デュフィ展」
>>2014.5.21 update
CULTURE
LUXKNOWLEDGE厳選 この春注目の展覧会
>>2009.3.13 update
CULTURE
現代ブラジリアンアートの魅力
>>2009.1.13 update
CULTURE
カルティエ現代美術財団、礎をなす絆
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー