PAGE...1|2|3|4|5
(上)1931年当時は地上3階地下1階で地下には井戸があった。まだ、青山通り拡張前のため、建物は削られていない。(左)1967年の吉田茂首相国葬の日の様子。壁画は谷内六郎氏の初代の黄色い背景の赤い風船の絵。1975に現在の絵に。
創業125年の歴史
青山・表参道の歴史を語るにあたり、欠かすことのできない存在が表参道交差点の一等地に立つ創業125年の「山陽堂書店」。ノスタルジーを感じさせる青い唐傘を差した子供の壁画が有名なこの書店は、明治神宮よりも歴史が古く、第2次世界大戦、東京オリンピック、バブル景気をこの地で経験し、青山・表参道の移り変わりを見つめてきた。
 「私は中学2年生の頃からここで店番をしていますが、客層もここから見える風景も随分変わりました」と当時を懐かしむように話すのは4代目店主の遠山秀子氏。
PAGE...1|2|3|4|5
LINK
CULTURE
Premium Residence Area
>>2016.3.14 update
CULTURE
The Value of Aoyama·Omotesando
>>2016.2.25 update
LIVING
表参道で仏像に会う イSム表参道店
>>2014.1.23 update
LIVING
無限の青山を享受する オープンレジデンシア青山ザ・ハウス
>>2017.4.4 update
CULTURE
Aoyama Earth Diving 街をめぐる物語1
>>2017.4.11 update