PAGE...|||
もう一つ、ワット・スワンナラムが特徴的なのは、ラーマ5世の時代まで、王族と王国の上級臣下の王室火葬場として使われていた点だ。高貴な存在ではあるが、やや郊外の立地にも、その性質が表れている。人々は華やかな王宮で、この静かな僧院を思い、ときに故人を偲(しの)び、ときに死を恐れていたのだろうか。
 寺から外に出ると、むっとした空気に包まれる。せっかくの壁画もタイの気候では劣化が早い。人々の信仰心に加え、黄金のお釈迦様のご加護で、今に残されているのやも。
PAGE...|||
LINK
TRAVEL
“微笑みの国"タイの魅力を味わうディナーイベントに30組60名様ご招待
>>2018.2.22 update
TRAVEL
チェンマイ・タイ
>>2016.8.31 update
TRAVEL
2011&2012年 富裕層に薦めたい旅のトレンドリスト
>>2013.6.21 update
BEAUTY
ホスピタリティーが見える介護
>>2019.9.20 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第82回
>>2020.2.3 update

記事カテゴリー