PAGE...1|2|3|4|5
因島の白滝山にて、五百羅漢像から瀬戸内海と島々が織り成す風景を見渡す。頂上には村上海賊の因島村上氏の当主、村上吉充が観音堂を建立したとされている。
祈りと海賊の街 尾道
Photo TONY TANIUCHI
Text Rie Nakajima
かつて、瀬戸内海には「日本最大の海賊」とおそれられた村上海賊がいた。戦国の歴史の一翼を担い、その命運を神に祈った村上海賊のDNAは、今も瀬戸内の島々や街に息づき、脈々と受け継がれている。坂の細道から瀬戸内海を望む尾道は、江戸時代に北前船で栄えた寺町だ。穏やかな奥ゆかしさの中に、旅人を迎え入れる港町ならではの開放的な空気が薫るこの街は、志賀直哉を始め、多くの作家や文化人たちをひきつけてきた。
海に残された、海賊どもの夢の跡

 エーゲ海と並ぶ、世界有数の多島海である瀬戸内海。島の数は700を超え、島というより大小の森が海に浮かんでいるような風景は、特有の美しさをたたえている。海は凪(な)いで見えるが、実は船をのみ込むほどの激しい潮流もある。昔ながらの手漕(てこ)ぎの船で、入り組んだ入り江を持つ無数の島々の間を、潮流を読みながら航海するのは至難の業だったろう。だからこそ、この海を知り尽くした強つわ者ものどもが強大な力を誇っていた。『日本史』を記した戦国時代の宣教師ルイス・フロイスが「日本最大の海賊」と称した村上海賊である。
PAGE...1|2|3|4|5
LINK
CULTURE
祈りと海賊の街 尾道 志賀直哉の散歩道
>>2017.7.20 update
CULTURE
村上海賊が時を超えてよみがえる
>>2017.8.4 update
STYLE
12. CUERVO Y SOBRINOS/クエルボ・イ・ソブリノス
>>2009.1.9 update
TRAVEL
多島美をめでる客船“ガンツウ”の旅 guntû
>>2017.6.29 update
TRAVEL
DISCOVER SETOUCHI Vol.3
>>2014.2.26 update