PAGE...|
絵の記憶 第2回
ギャルリーためなが
初めてマンハッタンに足を踏み入れた日のことは今も鮮明に脳裏に焼き付いている。
 夏の陽射しの暑い中、ケネディ空港を後にしたイエローキャブの窓の外に広がる景色に、私は興奮した気持ちそのままに、落ち着きなく四方に目を向けていた。ターバンを頭に巻いた運転手の前方に突然現れたマンハッタンの高層ビル群を目にしたとき、身を乗り出して期待に胸を膨らませた高揚感は未だに忘れられない。私が20代最後の誕生日を祝って間もなくの頃だった。
 長旅の疲れをものともせず、ホテルのフロントに荷物を預けたその足でシャガールが28歳の時に新妻のBellaを描いた「Birthday」に会いに53丁目に向かった。画集でしか目にしたことのない名画の前で本物の力に震えてしまった。53丁目、つまりMoMAで目にした愛情溢れる感動を持て余した私はそのままあてもなくブロードウェイに足を向けていた。数ブロック西に歩くと、急に現れたのは数々のミュージカルのビルボード。見上げた先の「キャッツ」の巨大な猫の目に気を取られていると、忙(せわ)しないニューヨーカーと世界中から集まってきた観光客の渦に巻き込まれそうになる。イエローキャブの鳴らすクラクションの中を潜り抜けるように疾走するサイクリスト。雑然とした喧噪からひしひしと伝わってきたのは、今迄感じたことのない活気に満ちたエネルギー。銀座でもなく、渋谷とも違う色鮮やかなコスモポリタンの中心地タイムズスクエアに辿り着いた時、短めのボブカットが板についた黒い瞳の彼女と目が合った。
The Reassuring Hum of the Gray Line Red Busses 61×76㎝

トム・クリストファー 1952年
カリフォルニア生まれ。80年代初頭よりNYに移住、世界で最もエネルギッシュな街並みを躍動感あふれるタッチで描く。

●ギャルリーためなが 東京店 東京都中央区銀座7-5-4
大阪店 大阪市中央区城見1-4-1 ホテルニューオータニ大阪1F
パリ店 18av. Matignon, 75008 Paris,France www.tamenaga.com
PAGE...|
LINK
TRAVEL
A LIVING SPACE
>>2013.1.28 update
CULTURE
荒木経惟氏の心境を捉えた写真展
>>2014.11.5 update
CULTURE
ニューヨーク印象派・近代絵画イブニングセールのプレビューを開催
>>2014.4.22 update
LIVING
Green Auction
>>2013.3.1 update
STYLE
フランク・ミュラー 2012最新コレクション
>>2012.2.16 update

記事カテゴリー