PAGE...|
絵の記憶 第1回
ギャルリーためなが
フランスの夏は、7月14日のパリ祭を境に一気にバカンス気分が街中に溢れかえる。
 開放的な陽射しの中、その昔、画家や文豪が集って芸術論を熱く語り交わしたと名高い「Deux Magots(ドゥ・マゴ)」でクロックムッシュを注文する。歩道沿いに陣取った小さなテーブルでちょっと遅い昼食の一口目を口に運んだとき、目の前の古い石畳の溝に、高くもないヒールに足を取られてよろめいた彼女と目が合った。
 少しはにかんだような笑みが照れ隠しのような、それでいて悪戯っぽく目に映ったのが最初の印象。体勢を整えて画廊街へと足早に去ってしまった彼女―美咲が、美大でデッサンと奮闘していることを知ったのはしばらく経ってからのこと。エスプレッソで簡単な昼食を締めくくった後、彼女の後を追うようにセーヌ通り沿いの画廊へと足を運んだ。気になった展覧会がこの辺りの小さな画廊からの案内にあったことを思い出したのと、ポニーテールの悪戯っ子が気になったことも否めない。
「サンマキシム」 ポール・アイズピリ(1919~2016)
パリ生まれ。バスク人の血をひくフランス人画家。1951年には、若くしてベネチア・ビエンナーレでナショナル大賞を受賞。明るく穏やかな色調の作品には、自然と家族をこよなく愛する画家の心が生き生きと現れる。
PAGE...|

記事カテゴリー