PAGE...|||
祖国を救うため敵将を誘惑して泥酔させ、その首を切り落としたという女性を主題とする。背
景や衣服に施された華やかな金が、ユディトを超越的な存在に高め、際立たせている。
グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年油彩、カンヴァス 84×42㎝ ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
ⓒBelvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll
退廃とエロス・世紀末の官能画家
Photo Satoru Seki Text Rie Nakajima
恍惚のただ中にいるような官能的な女性。
見る者を一目でとりこにする、匂いたつような魔性の女性の表情を描かせたら、右に出る画家はいないだろう。グスタフ・クリムト。デザイン性の高い、工芸品のような総合芸術を実現した彼の油彩画を、過去最多となる25点以上集結させた、東京では約30年ぶりとなる大規模展が東京都美術館で開催中だ。
「絵画は詳しくないがクリムトは好き」という人も多いのではないだろうか。金箔(きんぱく)の華やかさ、波型や円など多彩な柄を組み合わせた装飾、そして思わず引き込まれる官能的な女性の美。絵画というより工芸品を見ているような、あるいはデザイン性の極めて高いグラフィックを前にしているかのような、瀟洒(しょうしゃ)で洗練された魅力がクリムト作品の特徴だ。「肖像画でも単なる人物表現ではなく、模様が絶妙に組み合わされていてすごく洒落(しゃれ) て見えます。クリムトが活躍した19世紀末のウィーンは、アールヌーボーやユーゲントシュティールが流行し、曲線や装飾性を生かしたデザイン性の高いものが好まれた時代なので、クリムトのこうしたセンスのよさがもてはやされたのでしょう」と東京都美術館の学芸員、小林明子氏は指摘する。
 
PAGE...|||

記事カテゴリー