PAGE...|||
日新堂 銀座本店の1階の、大理石が敷き詰められたエントランスホー
ル。パテック フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、セイコー、シチ
ズンの腕時計がアート作品のように展示されている。
日新堂・二都物語
Photo Satoru Seki Text Junko Chiba
“明治生まれ”の日新堂を象徴するのは「高級時計販売店」としての顔。
東京と大阪、二つの都を主な舞台に昭和から平成へ、激動する時代の時を刻んできた。
そして新しい年号「令和」のスタートとともに、
老舗にふさわしい力量と輝きを増しつつ、また新たな「二都物語」が紡がれようとしている。

銀座の記憶を刻むこと70余年
銀座本店
日新堂が時計の製造、輸出入、卸、小売り販売並びに宝石・貴金属販売を業とする企業体の本丸を、現在の銀座7丁目に築いたのは1948年のこと。以来70年余り、銀座という町に刻まれてきた幾多の変遷の記憶を一手に引き受けるようにここに座し、不動の存在感を示している。しかし古いばかりではない。3年ほど前の大規模な改装を経て、その外観に新時代の銀座のランドマークたる先進性をまとっている。
資料請求 HPはこちら

PAGE...|||

記事カテゴリー