PAGE...
ゴリラの中でも人気の高い「ファストバック」コレクションは、カーデザインからインスパイア。最先端の素材を絶妙に組み合わせたデザインが特徴となっている。「ACID GREEN」(右)、「PHANTOM BLACK」(中)、「RS WHITE」(左)、自動巻き、ケースサイズ44×48.5㎜、フォージドカーボン+アノダイズドアルミ+チタン+セラミック+スチールケース×ラバーストラップ、138,240円。
創造力の先へ
Text Nile’s NILE
自身の創造力の限界を超えると、その先には何があるのか。独自の世界を追求するスイス発の新進気鋭ブランドが注目を集めている。最先端素材を組み合わせながらもハイコストパフォーマンスを実現し、エッジの効いたデザインで、これまで見たこともない時計を作り出す。今回は、その中から人気のコレクションを紹介したい。
エッジの効いたデザインが強いインパクトを放つ時計が新たに登場した。新進気鋭のブランドとして注目を集めるゴリラの時計だ。ゴリラはオーデマ ピゲの元チーフ・アーティスティック・オフィサーのオクタヴィオ・ガルシア氏とシニアデザイナーのルーカス・ゴップ氏が、2016年にスイス北西部ヌーシャテル州のクレシエを拠点として設立したブランド。これまで彼らが高級時計ブランドで築き上げた実績を基に、〝創造的破壊型〞をコンセプトとして、パワフルで遊び心あふれる時計を発表している。 
 昨年6月に日本初上陸を果たして以来、高い人気を得ている「ファストバック」は、1960年代のアメリカに登場したクーペのフォルムにインスパイアされて生まれたコレクション。クルマと時計に通じる情熱や、カーデザインの美学を表現している。最先端の素材を絶妙に組み合わせた多層ケース構造が特徴で、フォージドカーボン、アノダイズドアルミ、チタン、セラミック、スチールを採用し、100m防水機能を備えながらも、これまでにないハイコストパフォーマンスを実現した。さらに110gと軽量に設計されているのもうれしい。
 高級時計の伝統を継承しながらも独自のこだわりがちりばめられた世界を追求するゴリラ。創造力の限界に挑む時計作りへの深い情熱が、これまで見たことのない綿密に計算された時計を生み出し、私たちに新たな驚きを与えてくれる。

●問い合わせ G&Rジャパン TEL03-5422-8087 www.gorillawatches.jp 
PAGE...
LINK
STYLE
BASEL & GENÈVE 2008
>>2009.1.9 update
STYLE
ドゥラクールはアートを
>>2014.8.13 update
STYLE
鍵を握るアイコンウォッチ
>>2018.8.15 update
STYLE
BASEL WORLD 2017 Vol.2
>>2017.5.15 update
STYLE
BASELWORLD2015 I
>>2015.6.19 update

記事カテゴリー