PAGE...|
ジュエリーに恋した、エリザベス・テイラー
Photo c Christie’s Images Limited 2011 Text Keiko Honma
(左)子供たちの名前を刻んだ愛用品「チャーム ブレスレット」。チャームはエリザベス・テイラーの大のお気に入りで、10代の頃から集めたたくさんのチャームでブレスレットをいくつも作り、愛用していた。チャームの中のひとつには、4人の子供たちの名前と誕生日が刻まれたメダルが入っている。予想落札価格:$25,000~35,000 (右)亡き夫の面影をしのぶティアラ「マイク・トッド ダイヤモンド ティアラ」。死別した夫、映画プロデューサーのマイク・トッドから贈られたコローネ(王冠)風のティアラ。マイクは「君は僕のクイーンだ。だから王冠を着けなきゃね」と言ってこれを渡した。夫がアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した際、彼女はこれを着けて式に出席した。予想落札価格:$60,000~80,000
The Collection of Elizabeth Taylor
今年3月23日、銀幕の大女優エリザベス・テイラーが亡くなった。79歳だった。彼女は生涯に8回結婚し、晩年は独身を通した。ジュエリーをこよなく愛し、自叙伝『My Love Affair with Jewelry』まで出版したエリザベス・テイラー。
 その彼女の遺品が、クリスティーズのオークションに登場する。数々の遺品のうち、目を引くのはもちろんジュエリーだ。落札総額は3000万ドル(約23億円)とも予想される一大コレクションのハイライトを、ここに紹介する。
歴史的な天然真珠「ペレグリーナ ネックレス」。スペイン王家で16世紀から受け継がれてきた涙形の真珠「ラ・ペレグリーナ」は、ベラスケスの絵にも描かれた逸品。1969年に、リチャード・バートンがオークションで落札し、エリザベス・テイラーへのバレンタインの贈り物にした。エリザベス・テイラーはカルティエのデザイナーと共にこのペンダントをデザインしたという。予想落札価格:$2,000,000~3,000,000
PAGE...|
LINK
STYLE
エリザベス・テイラーの宝石オークション史上最高記録を更新
>>2011.12.14 update
STYLE
THE ART of BVLGARI
>>2015.6.26 update
STYLE
ブルガリの華麗なる軌跡をたどる 「イタリア至高の輝き展」
>>2012.10.29 update
STYLE
「ダイアモンド・ジュビリー」コレクション登場
>>2012.5.25 update
TRAVEL
世界のセレブリティが愛した豪華客船
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー