PAGE...|
メゾンの栄誉を物語る数々のティアラは、当時の職人たちの手技と注文主の思いが反映された注目すべき作品。N. Welsh, Collection Cartier © Cartier
カルティエの歴史に
思いをはせる
Text Nile’s NILE

かつてパリで行われた万国博覧会のために建てられたグランパレ。この一室であり、昨年改装したことでより詩的な美しさが増した壮麗な空間、サロン・ドヌールを舞台に来る12月4日(水)から開催される。
この名門ジュエラーの複雑で豊かな歴史は、その名高さとダイヤモンドのきらめきに隠れているのか、実はあまり知られていない。しかしながら、カルティエは装飾美術の歴史において非常に重要な役割を果たしてきた。「王の宝石商」としてのクラシックな作品から幾何学的なデザインとエキゾチックの狭間にある、モダンスタイルの作品に至るまで、カルティエのクリエーションは人々の好みや社会規範の変遷を色濃く反映してきたのだ。
PAGE...|
LINK
STYLE
カルティエ新作をインスパイアさせたアーカイヴピースの特別展
>>2014.12.19 update
STYLE
カルティエ特別展 「Story of…」開催
>>2009.3.25 update
STYLE
ジュエリーに恋した、エリザベス・テイラー
>>2011.10.25 update
STYLE
カルティエが贈るクリスマス
>>2014.12.5 update
STYLE
カルティエの世界を表現した 初のフィルム 『オデッセイ』公開
>>2012.4.3 update

記事カテゴリー