PAGE...1
2階レストラン「CIEL ET SOL(シエル エ ソル)」月曜休み、火曜ランチのみ休み。ランチは3,240円、6,480円、9,720円。ディナーは6,480円、9,720円(サービス料別)TEL03-6721-7110。1階カフェ&ショップ「LIVRER(リヴレ)」月・火曜休み TEL03-6277-2606。※共に1月7日(木)オープン。
(右上)2階のレストランでは、奈良県が認定する「大和伝統野菜」など奈良の食材を使用したフレンチを提供。(右下)「LIVRER」で購入できる吉野本葛を使用した口どけなめらかなTSUJIMURAの葛菓子。奈良ではお菓子のことを「ほうせき」と呼ぶそうだ。
白金台に現れた“奈良”
「ときのもり」
奈良の美味を知る上質な空間
港区白金台に2階建ての施設「ときのもり」が1月7日(木)にオープン。奈良の吉野杉や吉野檜、吉野の伝統工芸である福西和紙本舗の草木染めの和紙などをふんだんに使用し、ゆったりとした時間が流れる穏やかな空間。ここは、日本橋にあるアンテナショップ「奈良まほろば館」とは一線を画して、空間から全て“奈良”にこだわりその雰囲気や魅力を体感できる場所だ。
 2階は、フランス料理をベースにしたレストラン「CIEL ET SOL(シエル エ ソル)」。数々の受賞歴を持ち、栃木県宇都宮にある土地に根差したグランメゾン「オトワレストラン」のオーナー、音羽和紀氏がプロデュースし、彼の次男でフランスで修業してきた音羽創(そう)がシェフを務める。音羽の料理コンセプトである“LA CUISINE NATURELLE (自然体の料理)”を目指し、単に奈良の食材を多用するだけにとどまらず、奈良の歴史や風土の豊かさを感じられる要素を盛り込むことをテーマに、シンプルで優しさに溢れる料理が供される。
 1階はカフェ&ショップ「LIVRER(リヴレ)」。フランス語で「つなぐ」「届ける」という意味を持つこの店は、奈良県の食材を堪能できるカフェ「くるみの木」のオーナー、石村由起子氏がセレクトした商品が上質な吉野檜で造られた棚に並ぶ。かわいいラベルの日本酒やワイン、奈良の野菜などの特産品、食器やガラス細工といった手仕事の品など洗練されたデザインでバラエティ豊富なラインナップ。石村氏は「自信を持ってお届けできるもののみを奈良から持ってきました」と話し、これを見て回るだけでも楽しくなるハイセンスのアイテムばかり。
 まだ知らない奈良の魅力に溢れる「ときのもり」。木のぬくもりが心地よいこの場所で、奈良の豊かさを感じてみては。

■「ときのもり」 東京都港区白金台5-17-10
PAGE...1
LINK
GOURMET
極上朝ごはんを求めて Vol.2 Exclusive Breakfast
>>2014.5.14 update
CULTURE
美術館新潮流コミッション・ワーク
>>2009.1.13 update
TRAVEL
若狭 Pays des Merveilles
>>2015.2.27 update
CULTURE
奈良美智の個展開催中。 『君や 僕に ちょっと似ている』展
>>2012.7.27 update
GOURMET
Be in the Forest レストラン
>>2014.6.26 update