PAGE...||
(上)伝統料理の治部煮を現代風に。(下)「お粥を贅沢にしたら?」と考案した料理。
髙木さんが作ってくれた4品は、赤身の肉、白身の魚、貝、野菜が主役。実にバラエティーに富んでいる。
 「シーズンを問わずにいただけるシャンパンだとも感じたので、金沢らしい食材を合わせたいと、普段作っている銭屋の献立から選びました。金沢では欠かせないノドグロは幽庵焼きにすると、強い旨(うま)みと香りがモエ ロゼの華やかな香りとシャープな酸味によく合います。伝統料理である治部煮は、あえて煮汁で具全体を煮るのではなく、治部煮の餡(あん)をソースのようにすることで、モエ ロゼの華やかな香りと甘みに好相性。それと、モエ ロゼは〝気分を上げてくれる〞シャンパンですから、贅沢なお粥(かゆ)のように食材をいろいろ使った料理と合わせるのも楽しいですね」
ノドグロを幽庵焼きにし、パリパリとした極細パスタ、カダイフの上に盛る。
PAGE...||
LINK
GOURMET
鮎往復還 虎白
>>2015.7.29 update
LIVING
弁慶橋から紀尾井町へ TOKYO GARDEN TERRACE KIOICHO
>>2017.3.21 update
GOURMET
並木通りのフレンチ
>>2014.8.21 update
GOURMET
和とフレンチの “食の饗宴”へようこそ
>>2009.1.9 update
CULTURE
神楽坂のうまい店
>>2015.6.5 update

記事カテゴリー