PAGE...|
今も量り売りを貫く井上味噌醤油。お客は容器を持って買いに来る。この黒っぽい「御膳ねさし」は、鳴門の塩を使った徳島の伝統味噌「御膳味噌」を5年以上長期熟成させた、米糀味噌ならではの深いコクが特徴的。長期熟成させているため、現在欠品中で2年後の樽出しを予定している。
常盤味噌 井上味噌醤油
Photo TONY TANIUCHI Masahiro Goda 
Text Nile’s NILE
かつての撫養港のほど近く、この地で140年以上、昔ながらの味噌づくりをしている、井上味噌醤油。創業以来、7代にわたって、伝統の味を守り続けている。手づくりした米糀(こめこうじ)、鳴門の塩、国産の上質な原料を用い、長年使い続けてきた道具で仕込む。いまだに量り売りをしている店には、近隣の常連客はもちろん、県外からもこの店の味噌を求めて訪れる。7代目の井上雅史さんは、〝道具〞が味噌づくりの要だと考えている。
PAGE...|
LINK
GOURMET
食語の心 第19回
>>2014.11.12 update
GOURMET
神田裕行 真味只是淡 第十九回
>>2016.3.1 update
CULTURE
日本の味を アイスで楽しむ
>>2009.1.9 update
GOURMET
フリーズドライの世界 ―進化する味噌汁が食卓を変える―
>>2017.5.24 update
TRAVEL
秋の軽井沢で発酵の妙を知る 星のや軽井沢
>>2017.10.5 update

記事カテゴリー