PAGE...1|2|3|4
「税理士法人 おしどり会計社 河合公認会計事務所」所長の河合明弘氏と副所長の河合あゆみ氏は、“お客様のニーズに柔軟に対応する”をモットーに互いの長所を活かしながらお客様の希望に応えているという。
確定申告にも‘セカンドオピニオン’という選択を
Photo Satoru Naito Text Ichiko Minatoya
会計士は会社の生命を預ける“医師”
ビジネスやプライベートで税理士・公認会計士を頼んでいる方は大勢いるだろう。そのほとんどは「誰かの紹介」「先代からの付き合い」など、最初に出会った相手に、「特に不満がないので」そのままなんとなく頼んでいるというパターンではないだろうか。
 「税理士法人 おしどり会計社 河合公認会計事務所」所長の河合明弘氏には、それがとても不思議に感じられるという。
 「たとえばご自分の健康のことなら、一人の医者ではなく、セカンドオピニオン、さらにサードオピニオンをして、最善の答えを探されるでしょう。会社にとって税理士や会計士選びは、医者選びと同じです。よりよい選択のために、セカンド、サードオピニオンを聞くのは当然の権利。ベストな経営の形をともに作るパートナー選びは、複数の選択肢からなさるべきです」
 お金の流れは会社の血液。スムーズかつ無駄のない流れを作るために、外的要因から内的要因まで考慮し、よりよい形にしていくのが、いわば会社の生命を預かる会計士や税理士の仕事ではないだろうか。今の会社のお金の流れをもう一度見直す機会として、セカンドオピニオンを聞いてみてはいかがだろうか。
河合会計事務所のホームページはこちら
PAGE...1|2|3|4
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第43回
>>2016.10.11 update
STYLE
シンガポール進出への第一歩 投資法人を設立しよう
>>2012.11.16 update
TRAVEL
The Birth of “LEGEND HOTELS” Vol.1
>>2011.6.1 update
STYLE
妥協なき時計製作が語りかけるもの
>>2015.8.28 update
TRAVEL
夢の旅行案内人 コスモノーブルツアー
>>2013.12.10 update