PAGE...||||||
重厚感漂うエントランス。周囲の景観に調和しつつ、メタリックに輝くキャノピーや、硬質な印象をもたらすボーダーの石畳がさりげなく高級感を演出する。
正統を受け継ぐ「迎賓の美学」
外部との結界性を強めるロングアプローチ「随想の路」の先に、隠れ家のようにひっそりと佇むレジデンス。歴史ある周囲の邸宅に調和しながら、本物の素材を用い、さりげなく確かな美意識を主張するデザインが、私邸へと向かう高揚感を誘う。タイル貼りの外壁は太陽の光によって刻一刻と異なる陰影を帯び、乳白色のガラスを使用したバルコニーからは柔らかな光が漏れ、夜間の帰宅をあたたかく迎えてくれる。そして、洗練されたガラスのオートドアを抜けると、ほのかな間接照明に照らされた広がりのあるエントランスホールへ。天然石を贅沢に用いた空間はシンプルでありながら上質感が漂い、オーナーやゲストを心地よい静けさとホスピタリティでもてなす。正統を語るレジデンスにふさわしい、揺るぎないステータスが、ここにある。
LINK
LIVING
街の薫り−成城
>>2009.1.9 update
LIVING
美しい街並みを形づくる プラウドシーズン
>>2012.1.20 update
LIVING
成城を堪能するために生まれた形
>>2010.7.30 update
LIVING
希少な土地に建つ、デザイン性の高い邸宅
>>2010.12.27 update
LIVING
代沢の系譜を受け継ぐ、誇り高き邸
>>2011.8.25 update

記事カテゴリー