PAGE...||||
広尾の丘に立つ「広尾ガーデンフォレスト」からの眺めは、都心とは思えないほど開放的。ここに住まうことの至福を感じることができる素晴らしさである。また、山の手線内最大級という規模の大きさが、設計に自由をもたらし、緑溢れる魅力的な都心の住まいを生み出しているのも特徴的だ。
E棟2階(E207号室)よりセンターフォレストを望む(平成21年4月撮影)
※山の手線内最大級とは1979年9月〜2008年10月分譲マンションのなかで、山の手線内で敷地面積2万㎡以上の分譲マンションは「広尾ガーデンフォレスト」のみです(MRC調べ)
住まいの理想を目指す「広尾ガーデンフォレスト」
Text Rie Nakajima
山の手線内最大級の「森の住み家」
東京、広尾の丘の上。古くから邸宅地として知られ、江戸時代には日本の開国に力を注いだ堀田備中守正睦が屋敷を構えたことは、「堀田坂」の名前に今も残されている。明治以降には「日赤医療センター」が置かれたことにより、都心では珍しい豊かな緑が守られてきた。この希少な丘の上の、約2万9,000㎡に及ぶ広大なエリアに立つのが、『広尾ガーデンフォレスト』。敷地内に街並みに調和する「森」をつくり、土地の歴史を継承しながら、潤いあふれる理想の住環境を生み出すこと。これまでにない計画が、今、山の手線内最大級の規模で進められている。
PAGE...||||
LINK
LIVING
都心生活の理想像「広尾ガーデンフォレスト」誕生
>>2010.4.19 update
LIVING
「渋谷大山町」に住まう パークコート渋谷大山町 ザ プラネ
>>2014.7.4 update
LIVING
時代とともに進化する 「プラウド元麻布」
>>2010.2.1 update
LIVING
有栖川の地にふさわしい 品格ある住まい「ウェリス有栖川」
>>2013.2.26 update
LIVING
日本とフランスの 美意識が響き合う私邸
>>2013.1.8 update

記事カテゴリー