PAGE...|
森に佇むオーナー別荘。分譲地の販売価]格例は「青葉台」650~1230万円(1区画1,135~2,256㎡)、「千景台」460~990万円(1区画777~1,645㎡)。
森を愛し、森に棲まう。
―藤和那須ハイランド―
Photo Hisashi Yoshino Text Rie Nakajima
都心から約2、3時間の高原に広がるリゾート、藤和那須ハイランド。
風にそよぐ緑の木々と清流が、森に別荘を持つことへの憧れを惹き起こす。
日光国立公園内に位置する藤和那須ハイランドに入ると、あたりの空気が一変する。さわさわと風にそよぐ緑の木々、広く穏やかな青い空。樹間に響く小鳥のさえずりに、都会の忙しさに埋没していた心が、ふと自分らしさを取り戻す。気温は東京と比べて約6℃も低い。ひんやりと心地いい空気に、思わず深呼吸する。

 標高約550mの那須ハイランドパークを南端に、標高約1050mにおよぶ800万㎡超の広大な森が、藤和那須ハイランドの別荘地だ。敷地内はインフラが整備され、関東近郊でも随一の別荘地として快適な環境を備えている。その魅力は、国立公園ならではの豊かな自然だ。森には赤松や白樺など高原特有の自然林が茂り、稀少な植物が息づく沼や湿原もある。敷地内に流れる下黒尾川、大清水川、上黒尾川の清流が目を癒し、水辺では、初夏、無数のホタルが飛び交う。まさに日本が誇る、美しい自然の原風景がここにある。
PAGE...|
LINK
LIVING
三井不動産レジデンシャルが贈る絶景リゾート
>>2009.7.21 update
TRAVEL
優雅なる別府の別荘 ガハマテラス
>>2017.12.27 update
LIVING
富士桜高原別荘地 ~富士の懐に抱かれる、 品格の別荘
>>2010.4.30 update
TRAVEL
静謐の秘境リゾート 坐忘林
>>2015.1.20 update
LIVING
フランス大使館旧館跡地「南麻布プロジェクト」
>>2011.10.24 update

記事カテゴリー