PAGE...||
明るい日差しとさわやかな風を受け、悠然と立つ丘の上の邸宅。
※写真は、現地周辺写真(平成23年5月撮影)に外観完成予想CGを合成したものです。外観完成予想CGは、設計図を基に作成し形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。植栽は実際に植樹する樹形、枝ぶり、花の色、葉の色とは異なる場合があり、また、竣工から初期の育成期間を経た形状のものを想定して描いております。竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。
御屋敷街の
歴史を受け継ぐ
「パークコート松栄町」
Text Ichiko Minatoya
戦前からの御屋敷街として、その名を馳せる八事エリア。
その格式にふさわしいからこそ、ここに「パークコート松栄町」は誕生する。
この住まいは、街の歴史を受け継ぎ、次代へと引き継いでいく。
名古屋市を代表する高級住宅街、八事。八事山興正寺の門前町でもあり、緑豊かなこの地区は、歴史と伝統ある街区として、長く羨望を集めてきた。
 「パークコート松栄町」は、そんな八事につづく丘陵地、松栄町に立つ、低層分譲マンションだ。三井不動産レジデンシャルが手がける都市型ハイグレードマンション「パークコート」シリーズの、名古屋市内7棟目として誕生する。この「パークコート松栄町」が立つ丘陵地は、名古屋市指定の風致地区。その歴史は古く、近世に別荘地として開発され、近代へと時代が移る中で、名古屋の財界人の御屋敷や迎賓館などが立ち並び、名古屋でも有数の邸宅街として現在まで発展してきた。八事を中心とする、この丘陵地の景観を守ろうと、昭和10年代には、名古屋商工会議所内に風致協会が設立されている。そうした人々の思いを受け継ぎ、現在でも豊かな緑に包まれた、静寂の環境が守り続けられているこの街に、「パークコート松栄町」は立つ。
PAGE...||
LINK
LIVING
この美しい街の住人になる喜び
>>2010.4.27 update
LIVING
大阪・山の手にこそふさわしい パークコート北畠
>>2011.9.21 update
LIVING
厳かな歴史の中に住まう
>>2015.11.2 update
LIVING
鶴見の街と美しく調和するシンボルタワー
>>2010.5.6 update
LIVING
桜と水辺の潤いに彩られる美しい邸宅街
>>2016.5.27 update

記事カテゴリー