PAGE...|
(上)外観完成予想図。江の島を望む、絶好のロケーション。※掲載の外観完成予想図は、現地から撮影した写真に計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図を合成・加工したもので、実際とは異なります。
リゾート暮らしを日常へ
ザ・パークハウス 江ノ島レジデンス
Text Ichiko Minatoya
海を愛する人なら何度となく夢に見たはずだ、毎日歩いて海に行くという暮らしを。
しかも都心まで約1時間。「ザ・パークハウス 江ノ島レジデンス」は、あなたの夢をかなえてくれる。
このロケーションに、思わず目を奪われる。まさしく目の前は湘南の海! 左手に江の島、右手に富士山が見える。三菱地所レジデンスが手がける「ザ・パークハウス 江ノ島レジデンス」は、海を愛する人にはたまらない住まいだ。
 最寄り駅は小田急線片瀬江ノ島駅、江ノ電、湘南江の島駅の3駅。それも徒歩3分の位置にある。都心に向かうなら、小田急線が便利だろう。新宿まで61分。始発駅なので確実に座れるし、乗り継ぎなしで新宿までそのまま行ける電車も、1時間に2本程度ある。それでこの海辺の暮らしが手に入るなら、安いものだと顔がにやけてくる。例えば平日の朝、朝焼けの海に出て、波に乗ってから仕事に向かう。そんなぜいたくな時間の使い方もできるのだ。もちろん週末は朝から晩まで、思い切り海と遊ぶ。なにせ、ここでは水着やウエットスーツを着て、そのまま海に出られるのだ。敷地内にメインエントランスとは別に、住民だけが利用できる海側に直接出られるサブエントランスが用意されており、そこから建物へ戻る途中には、シャワースペースも設けられている。敷地内にはサーフボード置き場もあり、海を愛する人の望みを全てかなえてくれていると言っても過言ではない。
PAGE...|
LINK
LIVING
江ノ島、海に住む日常「ベルジェンド片瀬海岸一丁目」
>>2012.10.9 update
LIVING
憧れの地・湘南で海を堪能する暮らし
>>2010.4.6 update
LIVING
真のオーシャンフロントに住まう贅沢
>>2011.7.1 update
TRAVEL
ニューカレドニア流・日常と非日常
>>2013.12.4 update
TRAVEL
A Touch to the Heaven ニューカレドニア流・日常と非日常
>>2011.9.28 update

記事カテゴリー