PAGE...|
(左)海だけではなく、富士山まで見渡せる。特に空気の澄んだ冬の景色は絶品。現地から2790m(平成23年9月撮影)。(右)まるで南国を彷彿とさせるロケーション。気分が上がる。現地から410m(平成24年10月撮影)。
もちろんマンションそのものの価値が高いことも、このザ・パークハウス 江ノ島レジデンスの魅力の一つだ。「ザ・パークハウス」は、そのクオリティーの高さで定評のあるマンションブランド。ザ・パークハウス江ノ島レジデンスも例外ではない。海に向かって開かれた広いリビング。その手前にある寝室からも海が見えるように、壁ではなく格子状の窓で仕切っているところが心憎い。構造上必要な梁をデザインにうまく落とし込み、窓の前に横に長い「サーフサイドカウンター」が作られているので、親しい人を招いたらここに腰掛けて、海を眺めながら語らえる。自分一人で、あるいは妻と二人で、バータイムを過ごすのも良いだろう。住まいを替えることで、時間の使い方が変わるのだ。ストレスの多い日常を、家に帰ることで忘れられる。一日の終わりは波の音を聞いて過ごす暮らし。ちょっと夢のような話だが、現実になるのだ。
 ここはいわば、都心から一番近いマリンリゾート。都心の生活を手放すことなく、海辺の生活を手に入れることができる理想の住まい。ここで家族と海と、どのように暮らそうか。そう考えただけでワクワクする。

●ザ・パークハウス 江ノ島レジデンス
フリーダイヤル0120-320-704 
営業時間11:00~18:00 土・日曜、祝日10:00~18:00(水・木曜定休)
PAGE...|
LINK
LIVING
江ノ島、海に住む日常「ベルジェンド片瀬海岸一丁目」
>>2012.10.9 update
LIVING
憧れの地・湘南で海を堪能する暮らし
>>2010.4.6 update
LIVING
真のオーシャンフロントに住まう贅沢
>>2011.7.1 update
LIVING
人生を謳歌する住まい
>>2020.3.27 update
TRAVEL
ニューカレドニア流・日常と非日常
>>2013.12.4 update

記事カテゴリー